初あさがお。

もう3日前のことになるが…。 6/27(土)、今年初めての朝顔開花。 毎年朝顔を育てている花壇で、こぼれ種からのひとり生え。 栄養状態などの条件が悪いためか、ツルも伸ばさず、僅か高さ10cmあまりで咲いてしまった。 2日後の昨日も2輪目が咲いていた。 生き急ぐ。 もし早く結実したら、今度はよい場所に蒔いてあげようか。 この夏の内に、…

続きを読むread more

ナニワイバラ。

今日は朝から好天。 たくさん写真を撮ったのでどれを題材にしようかと迷ったが、とりあえずこれ。 続々開花中のナニワイバラ。 樹齢は10年超とまあ古いけれども、ちょっと微妙な「半」鉢植え。 大型の鉢に植えて庭の隅に置きっぱなしにしていたら、底から根が地面へ抜けて早数年。 時々強風で鉢が倒されて見える根は太さ2~3センチ、長さは推定1メー…

続きを読むread more

タンポポとジシバリと国難と。

昼休み、と言っても昨日のこと。 この数日は散歩にも出ず、何となく自粛ムード。 けれども同じ職場の人が多い場所にずっといては、気持ちの疲れが抜けない。 久々に田んぼエリアへ少し。 畦道に黄色い花。 どこにでもある外来種のタンポポと、ちょっと珍しい在来種のジシバリが同居。 写真左がタンポポ、右がジシバリ。 似ているようで花も葉も違う。 …

続きを読むread more

お池の桜、満開。

昼休み、散歩。 近くの池の畔、桜並木まで。 もう満開。 コロナ対応でイベント自粛の時世。 この程度の散歩、独り花見もよくないことなのだろうか。 写真を撮りながら、人目が気になる。 その場には他に誰もいない、密集の要素は全くない。 しかし、多くの人が我慢しているときに、これは控えるべきなのだろうか。 その加減が分からない。

続きを読むread more

ネモフィラ満開。

ただ今、花壇でネモフィラ満開。 晴れた日中の観賞のタイミングとしては、今週がピークかも知れない。 朝から撮影しようと思いながら、結局は夕刻になってしまった。 近所の桜を見に行くこともなく、何となく気だるい週末が過ぎた。

続きを読むread more

大島桜、開花。

我が家の大島桜が咲き始めている。 一昨日23日に開花を確認し、昨日早朝に撮影。 8年前、大きな古い木を伐り倒さねばならなくなり、挿し芽を採取。 その時、僅か10cmあまり。 そこから発根、伸長し、3年目から花をつけ始め、今は高さ1mを超えたあたり。 ずっと鉢植えだったが、ようやく昨年初夏に畑の一角へ定植。 清々しい純白、若葉色。 あ…

続きを読むread more

お池の桜、もう間近。

職場近くに池がある。 周囲の堤防には、ぐるりと桜並木。 昼休みに様子を見に行った。 随分とツボミは色づいている。 開花予想はあと2日、3月25日、満開は4月1日としようか。 この池。 小学生の頃、何回か釣りに来たことがある。 寒い冬の日。 農業用の溜め池で、時期的に水が抜かれていたのだろうか。 沼地にゴミが散乱していた汚い場所の記憶…

続きを読むread more

ふきのとう。

畑の一隅。 ふきのとう。 昨日撮影。 滅多に見に行かない場所だから、いつから出ていたか定かではない。 恐らく1週間ほど前からか。 記録的暖冬とは言え、これに限れば意外と遅かったように思う。 そして、今日はまた寒い。 先日の土曜は、中山競馬場(千葉県)の中継で結構大粒の雪が降ってたな。

続きを読むread more

寒桜っぽい?河津桜っぽい?

昼休みの散歩。 風がとても強く冷たい日だったが、晴れているので花の観察ポイントへ。 田畑の多い地区の小川沿い。 毎年見に来る花桃は、ちらほら程度でまだ見頃には早かった。 その近くで桜の仲間らしい薄ピンクの花は、ほぼ満開。 河津桜?寒桜? 細かな品種は判らない。 植えられてから推定5年未満、さほど大きな木ではなく人が集まる場所でもない…

続きを読むread more

青軸の梅、開花。

畑、青軸系の梅も開花した。 先週の観察ではまだツボミが固いと思ったが、1週間で随分と咲き進んだ。 畑と言えば、この土日はブルーベリーの冬季剪定を2本終えた。 植えて5年あまり、これまでは自然樹形放任の方針だったが、幾分混み合ってきたので初めて剪定。 よって、今年の結実の落ちこみが心配ではある。 真冬は同様の管理で意外と忙しい。 こ…

続きを読むread more

畑の梅も。

2/1に撮影した写真より。 日数が経ってしまったが、翌年以降の参考のために記録。 畑の小梅が開花していた。家族によれば、その数日前から咲いていた模様。 意外なほどに早く咲き進み、もう一、ニ分咲き。 例年より1ヶ月早いと言えるかも知れない。 隣にある青軸系の梅は、まだツボミが固い。 明日あたりからは、暫く「普通に」寒くなるらしい。 …

続きを読むread more

オキザリス・バーシカラー。

2/1、庭で撮影の写真より。 目下、満開。 鉢植えのオキザリス、バーシカラー。 純白の小さな5弁花に赤い縁取りが爽やか。 それがクルクルと巻いたツボミは、紅白のシマシマで面白い。 数多いオキザリスの系統でも最も人気でよく見かけるかも知れない。 因みに、名前はバーシカラー、パーシーカラー、どれが正しいのか分からない。 球根は1cm未満…

続きを読むread more

ネモフィラ咲いた。

今年の第1号。 青のネモフィラ。 ネモフィラ・メンジーシー・インシグニスブルー。 ベイビーズ・ブルー・アイズという可愛らしい別名もある。 これまで何回も書いたが、私の一番好きな花。 この澄みきった空色に出会うと嬉しい。 今年は10月上旬に種を箱蒔きして、11月にポットに植え替え、1月上旬に定植した。 開花時期としては、やはり例年よ…

続きを読むread more

梅咲けば。

昼休み、毎年梅の開花状況を観察する場所へ行ってみた。 名古屋では初雪未観測の記録を更新中という異常な暖冬。 案の定、咲いていた。 ちらほら数輪だけではあるが。 ちょうど2年前、同じ所の梅を記事にした。 その時はツボミは固く、融け残った雪が背景だった。 同時に、会社の大事な試験の合格報告でもあった。 やはり早い、時の流れは。 安穏と…

続きを読むread more

1月のカワラナデシコ。

1/18土曜日、近所で撮影の写真続く。 カワラナデシコ。 初夏から7月頃にかけて咲く多年草。 いわゆる大和撫子、秋の七草のひとつ。 真夏に休んでから秋に再び開花することもあるが、年を越した真冬に見られるとは驚き。 例年より異常に暖かいとは言え、冬は冬、それなりに寒い。 気の早い芝桜に春を感じたと思えば、今度は夏の花。 昨日の常識…

続きを読むread more

早くも芝桜。

昨日、1/18。 カメラを手に、庭や畑で季節を探した。 見つけたのは、芝桜。 上品なピンクのストライプ、「多摩の流れ」。 冬枯れ色の中、ぽつんとひとつ。 早い、あまりにも。 今年は暖かいのだなと改めて実感。 例年通り、秋に種蒔きした苗が10品種ほど300株あまり、定植されぬまま春を待っていた。 昨日、今日でパンジー、金魚草、ネモフィ…

続きを読むread more

謹賀新年。

謹賀新年。 既に11日、明けましておめでとうございます。 庭で咲き誇っているロウバイをとりあえず。 例年より2週間あまり早い気がする。

続きを読むread more

寒椿。

寒椿。 冬の日、薄曇り、庭の一隅。 色のない情景に映える赤。 子供のこぶしほどの小さな花。 はらはら花弁を一枚ずつ脱いで散る。 ほら、地面には赤い絨毯。

続きを読むread more

年の瀬、大阪、二十数年。

12/28、土曜日。 大学時代のサークル忘年会に、はるばる大阪まで日帰りで行って来ました。 二十数年ぶりにお会いする先輩方もいらっしゃったりして、とても温かい集まりでした。 何年も放置して誰とも交流しなかったフェイスブックが後輩のK君に今春頃に発見され、そこから徐々に広がり、LINEもいろいろ繋がり、高校の同期も含めて旧交が飛…

続きを読むread more

赤い実。

秋が終わる日、午後3時。 暖かだった今日の日射しが早くも傾く。 夕映えの情景、赤い実が艶やかに光る。 南天。 春夏秋冬、悲喜こもごも。 全てを受けとめて、ここに我ありと円熟の色。

続きを読むread more